保育士となるための専門学校があります。指定されている学校は卒業すると保育士になれますので、確実に資格が欲しい方に向いている選択肢です。保育士試験は難しい試験ですし、実技については独学も難しいですから、合格率は低くなっています。その点、専門学校は卒業したら資格が貰えますし、必要なスキルは学校のカリキュラムで学ぶことができるため、現場で役立つ人材になることが可能です。

専門学校には、卒業後に幼稚園教諭にもなれるところもあります。併修校と呼ばれる、短大の通信課程を併修して両方の資格をとるスタイルになっているところと、そうしなくても資格が取れる学校の二つです。いずれも資格をダブルで取得できる点については同じですが、短大の資格が取れる点では併修校に利があります。しかし二つの学校の単位を取って卒業しなければならないという煩雑さにおいてはデメリットといえるでしょう。

いずれに魅力を感じるかで、学校を選んでいけばよいです。専門学校は大学に比べると現場志向の能力を身に付けられる点が特徴です。実習が多く、実際に子供たちと接する機会が多いですから、働くときに役に立つ対応力を身に付けやすいです。コースは2年と3年があり、学校によっても異なります。

当然短いコースの方が学費は少なくて済みますが、2年間という限られた期間に学ばなければならない点は大変でもあります。結局は、自分にあっているところを選んだほうが良いことになるでしょう。