東京には製菓専門学校がいくつもあります。現在働いているパティシエの多くは、東京の製菓専門学校で基礎を学んでから、お店に入って修行をしたり経験を積んだりしています。ひと昔前であれば中学校とか高校を卒業してからお菓子屋さんやケーキ屋さんに就職をするのが主流でしたが、昨今パティシエを目指している若者が増えてきていることからお店側も即戦力となる東京の製菓専門学校で学んでいる人を採用する傾向にあります。未経験の状態ではどこからも採用をしてもらえないため必然的に東京の製菓専門学校に通う必要が出てきています。

将来はパティシエになりたいと考えている人は迷うことなく進学をすることがおすすめです。具体的に東京の製菓専門学校に通ったらどんなことが学べるのかというと、実習と講義の二本立ての毎日を送ることになります。現在日本には洋菓子について学べる学校が1、000近くありますが学校によって規模とか学習内容はさまざまです。どこの学校にも共通して言えるのは、実践的な内容がメインの実習と理論を体系的に学ぶ講義の二本立てになっているという点です。

学校に通うメリットはいくつかあります。まず一流の講師から技術や知識を学べることが挙げられますし、有名店で研修ができる機会もあります。さらに優良な就職先を斡旋してもらえたり資格も取りやすくなってきます。同じ夢を持っている仲間も多くできるので周りの人たちにいい刺激をもらいながら夢を追いかけることができます。