音楽の道を進もうというとき、音大に行くか音楽専門学校に行くか悩むところでしょう。音楽専門学校の場合、4年制大学である音大と違い入試は書類選考のみです。才能があるかどうか実技試験を受ける必要もありません。誰でも入ろうと思えば入れるのです。

ただその代わり、音楽専門学校を卒業したからといって特に資格は取れません。卒業後のことを考えたら音大卒の方がつぶしはきくでしょう。プロを目指さずピアノの先生になりたいという場合であっても有名な音大卒の看板はかなり重視されます。プロを目指すのであればどちらにしても狭き門です。

それなりに才能がなければ音大を卒業したとしてもなれるものではありません。専門学校の場合、入学すればその分野の専門的なことをしっかり勉強できるというのは利点です。音大の場合は実技だけでなく理論的な面でも勉強を行い、学問としての音楽を深めていくことになります。専門学校だとそれぞれの学校ごとにどんな勉強をするのかは違ってきます。

インターネットで公式サイトを見るなどして事前時調べたほうがよいでしょう。お金さえ納めれば、ある程度の成績があれば入ることができるだけに、将来の自分が進みたい方向をきちんとイメージした上で選び出すことが大切です。実技的な勉強をする以上、音大と専門学校のどちらに進むにしても、ある程度お金はかかるでしょう。音楽業界での仕事は狭き門なので、必ずしも希望する仕事に付けるとは限りません。