日本では、大学教授などを除き、教育や保育を行う職業につくためには、国家資格を取得する必要があります。保育園で子供の保育をする保育士になるためにも、国家試験を通過する必要があります。保育士の資格を取るためには、いくつかの方法がありますが、専門学校に通えば短い期間で資格を取ることができます。専門学校に通うと、短ければ2年で資格を取得することが可能です。

3年制の学校に通うと、保育士資格と同時に、幼稚園教諭の資格も取得することができます。大学に通うことでも、保育士の資格を取ることは可能です。大学では、4年間学習できるうえに、保育に関係する科目以外の講義も、受講することができます。大学を卒業するためには、最低4年間必要です。

しかし、4年間の間に、とても幅広い知識を身につけることができます。専門学校では、受けることができる科目の種類は、大学より少ないことが一般的です。しかし、最短2年間で卒業ができるので、現場での経験を早くから積むことができます。また、専門学校では、夜間のコースを開講しているところもあります。

そのため、昼間に働いて、夜間に勉強をすることもできます。さらに、4年制大学より学費が安いことが多いので、経済的負担にもなりにくいです。加えて、専門学校の大きな特徴として、就職のサポートが充実しています。そのため、短い期間で保育士の資格を取り、確実に就職して、現場での経験を積むことをしやすいです。